学校案内

SEIRIN HIGH SCHOOL

学校長挨拶

学校長

この度は、本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

本校は平成14年に青山女子高等学校から「星琳高等学校」と改称して、普通科と食物調理科を兼ね備えた男女共学の高校へと変貌を遂げております。

この「星琳」という校名には、夜空にキラキラと光り輝く星のような人間になって欲しいと思いと同時に、たとえ目立たない、名もない星であっても社会の隅にあって「一隅を照らす」思いやりのある人間になって頂きたいという願いが込められており、これが本校の人間作りの基本理念であります。

進学に関しては、九大・熊大・九工大・北九州市立大等の多数の国公立・有名私大に合格という実績を挙げ、就職に関してもここ数年連続で就職率100%を成し遂げております。就職先には北九州産業の中心の一つでもある新日鉄住金関係をはじめとした北九州市内の就職が多いことも本校の特徴となります。

また、本校の特色の一つである食物調理科は、卒業と同時に国家資格である「調理師免許」が取得できる厚生省認可の数少ない調理師養成施設として、多くの生徒たちが日々勉強や調理技術に励んでいます。進路に関しても、ホテル・料亭はもちろんのこと、食品会社や病院等の医療法人など様々な方面へ調理師として生徒たちは就職をしていきます。また、就職だけでなく、管理栄養士を目指して大学、調理師として上を目指し、エコール辻等に進学する生徒がいることも本校の特徴となります。

私共は今後とも社会に貢献する人材育成に努め、地域社会のニーズに応えるべく更なる飛躍を目指し、心豊かな教育に邁進していきます。

教育方針

01

建学の精神
  1. 健康にして豊かな教養と知性を身につけた人格を育成する。
  2. 日本古来の伝統ある美徳を継承し、礼儀を重んじ、感謝報恩の精神に富む人格を育成する。
  3. 自律精神を培い、正当な判断力と実践力に富む人格を育成する。

02

校訓

礼節・信義・勤労・感謝・自尊・自律

03

教育目標

建学の精神に基づき個性の伸長と啓発に努め、知・徳・体の調和のとれた、 視野の広い主体性・先見性・創造性・実践力のある人格の形成を目指し、 平和な国家・国際社会に貢献できる、誠実にして敬愛の精神に富む人材を育成する。

  1. 人権尊重・人間愛育成の教育の確立
  2. 個性、能力を伸ばす教育
  3. 社会的実践力を育成する教育
  4. 進路指導教育の充実

沿革

昭和38年
学校法人八幡筑紫女子学園 成美高等学校設置認可(普通科・被服科)
40年
商業科設置認可(普通科・被服科・商業科)
55年
能美学園 青山女子高等学校に改称
55年
商業科を廃科、被服科を家政科に科名変更(普通科・家政科)
58年
創立20周年記念式典
61年
調理科設置認可(普通科・家政科・調理科)、調理科新校舎完成
平成 6年
創立30周年記念式典
7年
普通科に特別進学コース・普通コースを設置、家政科を総合生活科と改称(普通科・総合生活科・調理科)
9年
能美記念館マルチメディアセンター完成
11年
調理科を食物調理科と改称(普通科・総合生活科・食物調理科)
13年
学校名を星琳高等学校と改称、校章も改定
13年
新モンゴル高等学校と姉妹校提携
14年
総合生活科を廃科(普通科・食物調理科)、男女共学校となる
17年
普通科に総合コースを設置
19年
テニスコート完成
21年
武道場完成
25年
総合グラウンド完成
26年
創立50周年記念式典
28年
食物調理科創設30周年記念式典